« 走り続けるおやじたち、TV出演決定! | トップページ | 小関正利、こどもの命について、語る ~あなたが生まれてよかった~ »

2013年7月21日 (日)

妻からおやじたちへのメッセージ

実行委員会メンバーの奥様より、「私も一言いいたい!」と記事が投稿されました。

5月に、「沖良部島だより」(URLは下記)の記事を投稿いただいた、青柳さんの奥様からです。

http://yoichii.cocolog-nifty.com/fctsoyaji/2013/05/post-7540.html

おやじにとっては耳が痛い、そして励ましのメッセージです。ありがとうございます。

<以下、投稿内容です>

おやじサミットの実行委員のお父様方、

毎日お疲れ様です。家に中々いない若久の青柳の妻です。

 

今度、福岡市内の全ての支援学校のおやじさん達が共同で頑張っていただけると聞き大変うれしく思っております。

子どもにとって母親の存在はなくてはならないもの、父親も同じだと思っています。

そして、横のつながりも必要ですよね。私は主人が居ない事が多いのでたくさんのママさんたちに助けてもらってます。学校のママさん、近所のママさんや幼稚園のママなど。でも、これらはおやじさん達にも必要なもの。

 

何年か前になります。幼稚園の父の日の行事に牧師の先生が来ておっしゃったのですが、「どうか父親である事を楽しんでほしい。今しか小さいうちしか子どもの相手はできなくなりますよ。私は孫が出来る世代ですが、先日妻と動物園に行きました。何となく照れ臭いのです。会話もなくなる。観覧車に乗るわけでもないし、乗っても良かったのですが、ああいうところは子連れだから乗れるのです。小さいうちにどうか沢山の思い出を作ってください。」

 

私たちの子どもは、大きくなっても精神年齢が幼い。一つ出来ることに多くの時間を費やすけれども出来る様を見てすごく感動したり、出来ない事に腹立てたり、出来るようになるためにはどうすればいいだろうと考えたり・・・。独り立ちが中々難しい子たちです。沢山の問題を解決するにはお母さん一人の手だけでは足りません。兄弟児がいる家庭は特に。他の子にも沢山の目をかけなければいけません。

だから、父親の手が本当に必要なのです。

 

どうか、1人の時間が大事なお父さんも、関わり方が分からないお父さんも、今までも一生懸命頑張っているお父さんも、大きなスクラムを組んで、お母さんだけで抱え込まないようにお母さんにも目・手・声をかけてください。

 

そんな輪が広がれば、お母さんが笑顔で居られると思っています。

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

若久特別支援学校   青柳 香

« 走り続けるおやじたち、TV出演決定! | トップページ | 小関正利、こどもの命について、語る ~あなたが生まれてよかった~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501602/57833599

この記事へのトラックバック一覧です: 妻からおやじたちへのメッセージ:

« 走り続けるおやじたち、TV出演決定! | トップページ | 小関正利、こどもの命について、語る ~あなたが生まれてよかった~ »

最近の写真