« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月28日 (日)

ペットボトルピザ?

「ペットボトルでピザを作る先生がいるらしい」

 「しかも、みんなで踊りながら」

 「どうやら、それが食育につながるという話だ」

「何だか、面白そうだし、ためにもなりそうでいいね!」

ということで、現在鋭意企画中。

乞うご期待。

詳細はまた後日。

 

2013年4月20日 (土)

大会テーマとスローガンを決定しました

先日の実行委員会で、大会テーマとスローガンを決定しましたので、お知らせします。

 テーマ「ノーマライゼーション!」

 スローガン「来て、見て、感じて!

「ノーマライゼーション」は、初めて耳にする方も多いと思います。

簡単にいえば、障がい者や高齢者など、現状の社会で不利な条件を持つ人々が、健常者と同じように普通(ノーマル)に生活できる社会を実現することです。

福祉分野では、国際的にも広く使われていることばです。

金子みすずの「みんなちがって、みんないい」の方が、わかりやすいかもしれませんね。

特別支援学校に通うこどもたちの今、そして未来のために、「可能な限り不利な条件のない社会にしていこう!」 というおやじたちの思いを「!」に込めています。

そのために私たちができることとして、特別支援学校に「来て」いただき、一般の学校とは違う環境、こどもたちの作品や活動、映像などを「見て」いただき、分科会や交流会を通じて何かを「感じて」いただければ・・・という思いから、上記のスローガンを掲げました。

と言っても、特別なサミットにする意図はありません。

これまで開催されたサミットと同様、多くの方に参加いただき、おおいに楽しみ、おおいに語りあい、共感いただける大会にすべく、鋭意企画検討中です。

乞うご期待!

 

ご参考までに、ノーマライゼーションについて解説したWebをいくつか紹介します。

kotobank.jp

http://kotobank.jp/word/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%CE%A1%BC%A5%DE%A5%E9%A5%A4%A5%BC%A1%BC%A5%B7%A5%E7%A5%F3

障害者福祉研究情報システム

http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/glossary/Normalization.html

Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

2013年4月15日 (月)

開催校視察

4月13日に、開催校となる屋形原特別支援学校で、学校視察も兼ねた実行委員会を開催しました。

現地を視察すると、これまで検討してきた分科会企画の具体的なイメージも湧いてきます。

本館・新館と2つの校舎があり、分科会の会場は分散しそうですが、その移動の間も、普通校と違った特別支援学校の教室や実習室等を見ていただくことは新鮮な体験になると思います。
0chugakubusagyoushitsu
企画中の分科会のひとつをご紹介します。
今回は、車いすツインバスケットボールチーム「福岡ビート」のキャプテン、斎藤さんに競技用車いすを持参いただき、ご紹介と併せて、実際におやじたちが、競技用車いすに試乗させていただきました。
普通の車いすと違い、操作性、機動性が凄い。
前進、後退、回転、ターンも楽々。
どなたでも楽しめる、参加型の企画ができそうです。
乞うご期待!
0kurumaisu
この模様は、早速、屋形原特別支援学校のホームページでも紹介されました。
校長先生をはじめ、ご理解、ご協力いただき、ありがとうございました。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »

最近の写真