« マルドゥック・フラグメンツ | トップページ | ぼくは落ち着きがない »

グイン・サーガ・ワールド1/こうふく あかの/悼む人

<5月20日>

東京出張。

なんだか、プレッシャーもなく、気が楽。

会議も普通にやり過ごし、早めに終わる。

懇親会はパスして帰る。

早い便に変更したかったのだが、金曜日なので変更できず。

待ち時間が余ったので、ラウンジでビール。

移動時間・待時間がたっぷりあったので、ひたすらSalyuの曲ばかり聴きながら、持って行った本4冊を読んでしまう。

なんだか、楽した一日。

【本日の読了】

「グイン・サーガ・ワールド1」栗本薫他 : ついに、栗本薫亡き後、グインサーガの続編を書き継いでいこうというプロジェクトが指導。本作は、栗本薫の未完の原稿と、久美沙織、牧野修、宵野ゆめによる外伝というラインナップ。嬉しい話なのだが、外伝ばかりでは・・・本編の続きは、いつ、誰が書くのか?まあ、今後のお楽しみということで。

「こうふく あかの」西加奈子 : 先月出た「こうふく みどりの」の第2部。と言っても、何の関係もない。前作は中学生の緑の話、本作は、妻がバリの男の子供を孕んで産む話+プロレスラーの話。前作も、本作も面白いのだが、何がつながっているのかはよくわからなかった。でも、本作は西加奈子には珍しく、全編標準語なので、なんだか違和感を感じるのは、私だけだろうか?

「悼む人」天童荒太 : 直木賞受賞作。なんで「永遠の仔」でやらないんだ、直木賞はタイミングを外した作品で受賞することが多いから・・・と先入観を持って読んだが、どうしてどうして、本作も負けず劣らずの傑作。全国を放浪して、死んだ人を「悼む」不思議な主人公。この主人公をめぐり、関係者の視点でそれぞれの物語が描かれる。「永遠の仔」も「家族狩り」も本作も、魂の叫びと救済をテーマとしているように思える。もっと天童作品を読みたいのだが、寡作なのが残念。

|

« マルドゥック・フラグメンツ | トップページ | ぼくは落ち着きがない »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グイン・サーガ・ワールド1/こうふく あかの/悼む人:

« マルドゥック・フラグメンツ | トップページ | ぼくは落ち着きがない »